PMSで偏頭痛になることもある

脈打つようにズキンズキンとした痛みが発生する、吐き気や発熱などを伴うことがある、その中でも痛みの強大である部分を指で押すと痛みが少し和らぐなど、月経の前にこのような症状の頭痛が起こることはありませんか?それはPMSによる「偏頭痛」の可能性があります。キチンとした原因が解っていない偏頭痛ですが、PMSと深い関わりがあると唱えているお医者さんや専門家も少なくありません。PMSとは略称で、正式な名前は「月経前症候群」と言います。排卵が終了してから生理がくるまでの約2週間の間に発生する人体や心の不具合のことを指し、月経が始まる頃には症状が治まるという性質があります。PMSに悩まされる女性の方は多く、偏頭痛などの頭痛はもちろんの事、下痢や吐き気、便秘に手足のむくみ、にきび、不眠、集中力低下、無気力、気が短くなる(イライラ)など実に様々なトラブルが見受けられます。症状の度合いは生活環境や食事内容、自身の性格に大きく左右され、ストレスや疲労を感じると強くなることがほとんどです。PMSの症状として代表的なのが頭痛。特に偏頭痛が起こる女性が多く、ズキズキする痛みに毎回そうですが辛い思いをしている方も多数います。