月経前症候群の症状頭痛を治す3つの方法

月経前症候群の症状頭痛を治す3つの方法!痛みに負けない為に

 

月経前症候群(PMS)はレディース特有のトラブルで少ない場合でも80%以上の人が経験したことがあるといわれています。
生理の1〜2週間前から始まり、月経開始と同時にその症状がなくなります。PMSの原因ははっきりしていませんが、
生理サイクルのホルモンの変化と関係しているといわれているようです。

 

メンタル面、体力的ダメージはPMSの原因ではないとされていますが、PMSを悪化させるといわれています。
PMSの症状は人によってそれぞれで、にきび、胸の張り、睡眠障害、むくみ、便秘、下痢、頭痛、腰痛、食欲の変化、
関節痛、周囲散漫、イライラしやすい、気分不安定、心配性、うつなどがあります。

 

本人も苦しいのですが、イライラしたり、怒りっぽくなったり、悲しくなってしまうことで、家庭や職場で周りの人まで巻き込んでしまうこともあります。
PMS改善のためには、周りの人の協力も大いに必要になってきます。
1ヶ月に2週間近くもPMSに思い悩んでいる人は、生活のクオリティーにも悪い影響を与えかねません。
機嫌よく毎日を幸せに過ごすためにも、本気でPMSの改善に取り組むことが大切になってきます。

 

PMSが改善することによって、以前とは見違えるくらい毎日が健康的に過ごせるようになりますよ。

 

PMS症状を改善するのは難しい

月経前症候群の症状頭痛を治す3つの方法!痛みに負けない為に
PMSは病気ではないから改善できないと思い込んでいる女性が多いようですね。
しかし、普段の食生活でPMSを改善することができます。
食塩を日頃から控えるのは健康に良いことですが、特にPMSがスタートする頃からは意識して減塩など食生活改善に取り組みましょう。

 

日ごろから塩分を控えることで、体が溜め込む水分の量を減らし、むくみを改善することができます。
PMSが改善できるだけでなく、たくさんの健康効果も期待できます。
味気の無い食事になるのは面白くありませんから、塩の代わりにスパイス、かぼすなどの酸味、
ねぎやしそなどの香味野菜、香ばしナッツや胡麻、フレッシュな挽きたて黒胡椒など味にバリエーションを出すよう工夫しましょう。

 

塩味の強い汁物、漬物、スナック菓子などは出きるだけ控えましょう。カフェインやお酒などのアルコールは、
胸の張り、神経の緊張、不安症を悪化させるといわれています。

 

ですので、一日に飲む量をきちんと決めておいた方が良いかもしれませんね。
カフェインはコーヒー、紅茶、緑茶、チョコレート、栄養ドリンクなどに含まれます。
一方、麦茶や杜仲茶などにはカフェインが含まれていないので代わりのドリンクとしてお勧めですね。

 

水もできるだけたくさん飲むよう心がけてくださいね。

 

PMSは薬のほかにサプリもある

PMSはサプリメントでスムーズにすることができます。
カルシウムははPMSとのつながりが強く示唆されています。カルシウムはホルモンを作り上げる内分泌系に影響を与え、
十分に摂りいれることで、胸の内の不安定、浮腫、食欲、痛みを良化するといわれています。
ジッテプラス口コミ体験談のように、背中にきび専用商品など、部位に特化した日本でも多く販売されるようになってきていますので確認してみるといいでしょう

 

米国では、1日に1000〜1200ミリグラムほどのカルシウム服用が有効とされています。
食事からのカルシウム摂取量をもとにして、サプリメントの量を調整してみましょう。
カルシウムのサプリメントを取る時には、その半分の量のマグネシウムも同時に取るようにしましょう。
マグネシウムはカルシウムと複雑なバランスを保っており、筋肉をリラックスさせる働きもあります。

 

また、近年マグネシウム不足とPMSの因果関係が報告されています。
マグネシウム不足は、痛みや炎症に関係する物質の作用に影響するといわれています。
数ヶ月に渡って、相当なマグネシウムを摂りいれることによって、むくみ、胸の張り、胸の内の異常が回復されるといわれています。
カルシウムサプリメントの半分の量をベースとして摂取しましょう。
ビタミンB6はマグネシウムの働きを高める働きもあります。ビタミンB6の過剰摂り込みは神経障害を起こすことがあるので、
1日に100ミリグラムを上回る大量の摂取は回避するようにしましょう。

 

PMSってなに?

月経前症候群の症状頭痛を治す3つの方法!痛みに負けない為に
「PMS」とは「Pre Menstrual Syndrome」の略。月経がスタートする1週間〜10日くらい以前より起こる、メンタリティや体の様々な不快な悩みを言います。例えばイライラや倦怠感、この他には腹痛、肌荒れ、眠気、頭痛など人によって悩みも様々。「PMS」という言葉は知らなかったけど、私も思い当たることがある……なんて女性も少なくないのではないでしょうか?PMSが発生する原因ははっきりしていませんが、黄体期(排卵後)の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急速的異変が関与していると考えられています。中にはPMSがつらすぎて、日常生活に差しさわりをきたしている人もいるのです。PMSを訴える女性のために、最近では専門外来も出来るなどたくさんのお医者さんが日々調査をしています。なのですが現在のところ、「ピル」で月経をコントロールするのが一番の近道なんだとか。これについても一つの手ではありますけれど、「ピルの副作用が心配」「長期的に飲み続けるには抵抗感がある」という方が多いのも事実です。お医者さんに行く程ではないけど、これらの悩みは思い当たるし、相当つらいし職場で、男性に分かってもらえない。生理前に彼に八つ当たりしてしまって自己嫌悪。そんな悩みを抱える女性に、ぜひおススメしたいのが、よく知られている栄養機能食品PMSサプリメントです。常日頃から簡単に飲むことができるのでPMS症状で悩んでいらっしゃる方にはお勧めできますよ。